おすすめの学童保育所を探す方法

女性活躍推進法が施行されて、仕事から離れてブランクのあるたくさんのお母さんたちが社会復帰しています。お母さんが働くことで共働きになり、学校が終わっても自宅に誰もいないという子どもたちのために学童保育所があります。放課後の子どもたちが遊んだり、勉強したりすることができる施設です。市や区が運営する公的機関の保育所と民買いが運営する保育所がありますが、保育所によって子どもたちが受けられるサービスの内容や保育料が異なりますので、子どもに合った保育所を見つけて、子どもにもお父さんお母さんにもストレスのない生活になるようにしたいものです。自治体が運営している学童保育所のなかには、小学校を利用しているところがあります。通いなれた学校でそのまま過ごすのは子どもにとっても親にとっても安心です。

習い事代わりに通うことができる学童保育所があります

自治体が運営する小学校を利用した学童保育所では、利用時間が18時前後までと、延長ができず、早い時間にお迎えが必要なところが多いです。しかし保育料は民間運営の保育所と比べて、かなり安く、衛生問題や環境などは申し分ありませんので、いろいろな意味で安心です。民間が運営する保育所のなかには、習い事のようなことができる学ぶ事を中心とした学童保育が受けられるところもあります。専門の先生もいて指導してくれますので、習い事代わりになります。延長がきくところが多く、週1日から利用でき、入会金も必要で保育料もそれなりにかかりますが、送迎をしてくれるところもありますので至れり尽くせりです。子どもたちにとって、学童保育所は学校のいつもの顔ぶれと違う仲間と過ごすことができて友達も増えますし、お留守番の時間で学ぶことができるのは一石二鳥と言えるでしょう。

施設に対しての基準がないので口コミなどで事前チェックが必要です

自治体や民間運営など、さまざまな体制で保育内容も充実している学童保育所が増えていますが、一般の幼稚園、保育園のように待機児童も多く、それだけ共働き家庭が多いと言えるでしょう。学校の施設や児童館を使って運営しているところが一番多く、続いて民家やアパートなどで運営しているところもあって、学童保育所については施設に対しての基準がない地区が多いのが現実です。ご近所の人たちからの口コミで、いい先生がいる、子どもたちが楽しく過ごせている等のいい噂をききつけても、規模が小さいために毎日は預かれず、日によってはお母さんが会社を早退するなどの対処が必要な家庭もあるようです。保育料がかかっても、長い目でみて社会で働くお母さんが増えているのが現実です。安心して子どもたちを預けられる保育施設がもっと増えるのを願うばかりです。

小学校受験を考え始めたら、まずはご相談ください。ご利用者さまのお声もご紹介しています。お子様自身が求める知的成長をサポートします。 学びの土台が未来の可能性を拡げるためお子様へ贈り物をどうぞ。 学童には、東京(目黒・飯田橋・自由が丘・大崎・府中)にあり、千葉、神奈川では藤沢にあります。 1歳児から小学校3年生までが対象の英才教育型託児所です。 学童保育所をお探しなら情操教育にこだわるこちらが